Click to Play

巣鴨に住む 新米コンサルタントのブログです。

ブログもYoutubeもSNSも情報発信の手段でしか無いという話

f:id:yuhei0906:20170105110751p:plain

ブログは稼げるの?

以前使っていたブログで月3万PVほど稼いでいました。

すると、よく聞かれるのが「それってどれくらい(お金を)稼げた?」という話。

そして、YOUTUBERがあげている、YOUTUBEの動画を最近よく見ているのですが、彼らにぶつけられる質問の多くも「それってどれくらい稼げた?」という話。

 

僕は実際のところ、広告を一切いれていなかったので

1円も稼ぐことなく以前のブログは閉鎖しました(笑)

 

ちなみに、ブログはこれくらいらしいです。

1万PV:〜1,000円
5万PV:3,000〜10,000円
10万PV:10,000〜50,000円
20万PV:50,000〜100,000円
30万PV:100,000〜150,000円
40万PV:150,000〜200,000円
50万PV:200,000〜250,000円
100万PV:500,000〜750,000円
150万PV:750,000〜1,250,000円
200万PV:1,000,000〜2,500,000円
250万PV:2,000,000〜3,000,000円

「収益早見表」を作ったよ。 : まだ東京で消耗してるの?

しかし、それは情報発信の手段でしか無い!

そういった、

「ブログは稼げる」とか

Youtubeは稼げる」とか

Facebookは稼げる」というのは、

ある意味幻想でしかありません。

 

「稼げない」って言ってるわけじゃないんです。

それら手段が使えた所で、最も重要なことではないという話です。

 

そういったインターネット系ビジネスの『広告』という領域では、
面白い情報を売って、人を集める事にスポンサーが付きます。

 

だから、ブログでもYoutubeでも

2chのような掲示板でも、糞ダサいHPでも、

極論はなんでも良いわけですよ。

 

コレどういうことかというと、

 

例えるなら、大工さんです。

もしあなたが良い大工さんに家を建ててほしい!と思った時に、

その人が「トンカチ」を使うか、「有能なマシーン」を使うか、

「日本一の職人」を使うのか、「外国のデザイナー」を使うのか、

正直どうでもいいですよね。

 

良い家ができれば、とりあえずいいんです。

※例外:今話題のWelqは欠陥住宅を奴隷に作らせたようなイメージで、「一見いい家」だったけれど、そういった点で評価されないようなパターンもあります。

 

基本的には、

『いい家を作る』=『いい情報を発信する』

ことを心がけることに意義があります。

 

その成功事例はNewsPicksなのかなと思います。

ブログ、HP、あるいはキュレーションアプリなどありましたが、それらは非常に質の低い情報を多く含んでいるわけです。

 

しかし、かなり高いレベルの質を担保することにより、そういった質の高い情報を求める人達はアプリをダウンロードし、最新の”質”が守られた情報を発信しています。

 

このように、これまで興味すらなかったものでも

情報の質に依って1つのメディアとしてダウンロードされるまでになります。

 

TwitterFacebookも全て同じです。

というか、「テレビ」や「新聞」や「雑誌」も同じです。

もしブログのアクセス数の伸びに悩んでいる方は、今一度どうすれば読んでもらえるか?という戦略を考えると凄く面白いですよ。

f:id:yuhei0906:20170105110219p:plain
AIDMAとは | ビジネススクールならグロービス・マネジメント・スクール