Click to Play

巣鴨に住む 新米コンサルタントのブログです。

星野源の人気の秘密を分析してみた(2)

星野源という男への考察を進めている。

前回は、「多彩な才能」による他の俳優との差別化を指摘した。

今回は、2つめの仮説について検証したい。

f:id:yuhei0906:20170211130019p:plain

「隙間のある男」を「好き」になる。

実は、さきほどの「音楽出身」というのも含めて、星野源福山雅治の共通項は非常に多い。

f:id:yuhei0906:20170211123031p:plain

まず、出身が面白い。「え、こんなに多彩なのに八百屋さんなんだ(笑)」「え、こんなにかっこいいのに工業高校出身なんだ(笑)」という感じだ。

音楽出身は前回も指摘したが、最終的に自分が主役のドラマで主題歌を努めている点も同じかろう。

また、オールナイトニッポンでのシモネタが有名なことも彼らには共通している。特に星野源の「A(喘ぎ越え)1グランプリ」なんかは必見である。

こういった「隙」によって、男性が女性を好きになるだけではなく、女性も男性を好きになっていくのかもしれない。

www.youtube.com

www.youtube.com

 また、そういうキャラクターだけではなく星野源は俳優としても、実生活としても「成功者」としてのイメージよりは「這い上がってきた」イメージを想起させるものが多い。

f:id:yuhei0906:20170211123953p:plain

 

そして、このような経験から、あんなに多彩にも関わらずそのスタンスは驚くほど控えめだ。

f:id:yuhei0906:20170211124033p:plain

 

こういった「隙」は、もちろん圧倒的な結果があってこその面だ。

なので、「隙」一本だけでの「人気」の理由というよりは、前述の多角化がうまくいくためにワックスのような役割をする。

音楽から星野源を好きになっても、俳優から好きになっても、お笑いから好きになっても、なんとなく彼のその深みや人の良さから様々な面を好きになっていってしまう。

f:id:yuhei0906:20170211124124p:plain

だからこそ、以下のような疑問が出てくる。

f:id:yuhei0906:20170211124228p:plain

これまでの芸能界では、俳優とは「スター」だ。近寄りがたくて、自分とは全くかけ離れた人生で、だからこそ凄いし、キャーキャー女の子も言っていた。

しかし、星野源は違う。「人気者」なんだ。

音楽もできれば、本もかける、役者もできれば、エロい話もウェルカム。そんななんかちょっといい感じの文化系男子高校生が目に浮かぶ。

 

でもこれまでは、それができるのは福山雅治の特権だった。「イケメンだから仕方ない」という言い訳が僕達にも出来た。そうはいっても、若干「スター」だった。

福山雅治とは違うそのアプローチに、おののく人は多い。

(参考)星野源と福山雅治。そして我々はどうするか。|DJありがとう|note

 

続きはこちら

星野源の人気の秘密を分析してみた(3) - 東京の夜景は残業でできている。